足場接続用壁つなぎ【アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット固定式〉】

アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット固定式〉

コンクリート用 ねじ固定式 雌ねじタイプ 後施工 アンカー
足場つなぎ接続用 W1/2-12(4分)ナット専用
コンクリート、PC板、石材、タイル用
コンクリート用 壁つなぎ 接続金具【アシバツナギ プレコンタイプ】
コンクリート用 壁つなぎ 接続金具【アシバツナギ プレコンタイプ】

用途

  • コンクリート、PC板、石材、タイル等へ壁つなぎの取り付けに。
  • 工場倉庫、商業施設、公共施設、流通施設などの大規模な工事現場から、部分足場工事、一面架けの足場などに。
  • ゼネコン、建築・建設会社、工務店、塗装、足場、看板業者様などに。

特長

  • 鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)のマンションやオフィスビル等に仮設足場を構築する際に用いる壁つなぎ接続金具です。
  • PC(プレキャスト)用タッピングボルトであるプレコンアンカーを採用しました。(特許要素である切粉を排出する機能を兼ねた傾斜付きカット面は、ねじ込み抵抗を大幅に軽減しコンクリートに確実にネジ立てします。
  • アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉】は、壁つなぎを簡単・確実に取り付けることが出来る、あと施工タイプのアンカーです。
  • 従来の鋼製下地用【アシバツナギAWS、ABS、AWSシリーズ】【ドリルハンガーAFSシリーズ】、および木下地用【アシバツナギAWWシリーズ】【ドリルハンガーAFWシリーズ】では対応できなかった課題、すなわちコンクリート・PC板・石材・タイルなどに、「壁つなぎ」を強固に固定することが出来ます。
  • 11.0ミリの下穴をあけ、ラチェットレンチ(17mm)でねじ込んだ後、高ナット(W1/2-12)部に壁つなぎを接続して完了です。
  • ねじ部先端の特殊カットが、切り粉を奥に自動排出するので、ねじ込み抵抗が少ない。スムースに取り付け出来ます。
  • 特殊工具は不要です。
  • 取り外しも可能
[プレコンタイプ(プレコンアンカー)]の優れた特長

圧縮強度の高いPC板(プレキャストコンクリート)等に使用できるよう、熱処理を施し独自の先端加工を施しました。低トルクで確実にタッピングし、切り粉を穴の奥に排出します。

[プレコンタイプ(プレコンアンカー)]は、従来の金属拡張式アンカー(芯棒打込み式、内部コーン式など)と比較し、次のメリットがあります。

プレコンアンカーII プレキャストコンクリート用ビス 六角頭タイプ

❶ 下穴径が小さい

❷ 打ち込み時の騒音が無い

❸ 端部に使用可能

❹ 取り外しが容易に出来る

❺ 作業性が良く、施工ミスが起き難い

❻ 安定した強度が保障される(埋め込み深さ全体にねじを立てる)

施工例

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉施工例

施工方法

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉 施工方法

❶下穴をあけ、孔内の切粉の除去後に、ラチェットレンチ(17mm)でねじ込んでください

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉 施工方法

❷ねじ込み抵抗が大きい場合は、逆転させ、再度ねじ込んでください

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉 施工方法

❸ねじ込み後、壁つなぎを接続して完了

仕様表

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット固定式〉
品 番 d(mm) L(mm) D
(mm)
m
(mm)
c
(mm)
下穴径
(mm)
ネジ込み深さ
(mm)
最大引張強度 ケース入数
AFC 12.5×70 N1/2 12.5 70 19.0 20.0 2.0 11.0 70 試験材: プレキャスト無筋コンクリート
(JIS A 5371)
150㎜×150㎜×530㎜
圧縮強度:39.9N/mm2
(407kgf/cm2)
ねじ込み深さ:70㎜ 下穴径:φ11.0
21477N(2190kgf)
20×10

製品カタログ

アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット可動式〉〈ナット固定式〉

製品カタログ
アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット可動式〉〈ナット固定式〉
アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット固定式〉

引張強度表
アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット固定式〉

イイファス製品の総合カタログ、その他の製品のカタログはこちらよりご覧ください

承認図(標準仕様書)

アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット固定式〉

承認図(標準仕様書)
アシバツナギ

お問い合わせ


クリックするとsales@iifas.jp宛てのメールを作成します クリックすると「問い合わせ」送信フォームにジャンプします
当ウェブサイトに掲載している情報・画像等を、当社の許可なく複製、転用等の二次利用を行うことは禁止します。また、製品は改良のため予告なく変更することがありますので、ご了承ください。

ページ上部へ