足場接続用壁つなぎ【アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット可動式〉】

アシバツナギ プレコンタイプ〈ナット可動式〉

コンクリート用 ねじ固定式 雌ねじタイプ 後施工 アンカー
足場つなぎ接続用 W1/2-12(4分)ナット専用
コンクリート、PC板、石材、タイル用

※この商品は、従来の「プレコンアンカー」と同一のものです。2014年1月に、商品名を変更しました。

コンクリート用 壁つなぎ 接続金具【アシバツナギ プレコンタイプ】
コンクリート用 壁つなぎ 接続金具【アシバツナギ プレコンタイプ】

用途

  • コンクリート、PC板、石材、タイル等へ壁つなぎの取り付けに。
  • 工場倉庫、商業施設、公共施設、流通施設などの大規模な工事現場から、部分足場工事、一面架けの足場などに。
  • ゼネコン、建築・建設会社、工務店、塗装、足場、看板業者様などに。

特長

  • アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット可動式〉】は、改修工事・リニューアル工事など足場仮設の際、壁つなぎを簡単・確実に取り付けることが出来る、あと施工タイプのアンカーです。
  • 従来の鋼製下地用【アシバツナギAWS、ABS、AWSシリーズ】【ドリルハンガーAFSシリーズ】、および木下地用【アシバツナギAWWシリーズ】【ドリルハンガーAFWシリーズ】では対応できなかった課題、すなわちコンクリート・PC板・石材・タイルなどに、「壁つなぎ」を強固に固定することが出来ます。
  • 7ミリの下穴をあけ、下穴の深さはネジ込み深さ+10ミリ、付属の専用ビットを使用しインパクトドライバーにて、下穴に【アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット可動式〉】を差し込みねじ込みます。ねじ込んだ後、ナットを回して壁つなぎを接続・固定して完了です。
  • ねじ部先端の特殊カットが、切り粉を奥に自動排出するので、ねじ込み抵抗が少ない。スムースに取り付け出来ます。
  • ナットは360°全方向に18°傾斜しても自動回転可能です。
  • 特殊工具は不要です。インパクトドライバーにて簡単に施工できます。
  • 小箱に専用ビット2本入り。

施工例

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット可動式〉施工例

施工方法

アシバツナギ プレコンタイプ 施工方法

❶下穴をあけ、孔内の切粉の除去後に、付属の専用ビットを使用してください

アシバツナギ プレコンタイプ 施工方法

❷インパクトドライバにてねじ込みしてください

アシバツナギ プレコンタイプ 施工方法

❸ねじ込み後、ナット回して、壁つなぎを接続して完了

仕様表

アシバツナギ プレコンタイプ 〈ナット可動式〉
品 番 d(mm) L(mm) L1
(mm)
下穴径
(mm)
ネジ込み深さ
(mm)
最大引張強度 ケース入数
ABC 8.5×60 N1/2 8.5 60 45 7.0 45 試験材: プレキャスト無筋コンクリート
(JIS A 5371)
300㎜×300㎜×60㎜
圧縮強度:37.2N/mm2
(379kgf/cm2)
ねじ込み深さ:45㎜ 下穴径:φ7.0
13474N(1374kgf)
50×8
ABC 8.5×100 N1/2 8.5 100 45 7.0 45 30×8

・ねじ込み・取り外し専用ビット

品 名 入 数
トルクスビット 10本×10

※許容荷重=最大引張強度の1/2以下を目安にご使用下さい。

※施工に際しては、〈使用上のご注意〉を厳守して下さい。

※使用状態が(吊る)鉛直方向や斜め等の場合の許容荷重は、許容静荷重・許容動荷重で異なります。

製品カタログ

アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット可動式〉〈ナット固定式〉

製品カタログ
アシバツナギ プレコンタイプ
アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット可動式〉

引張強度表
アシバツナギ プレコンタイプ
アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット可動式〉

注意書
アシバツナギ プレコンタイプ

イイファス製品の総合カタログ、その他の製品のカタログはこちらよりご覧ください

承認図(標準仕様書)

アシバツナギ プレコンタイプ
〈ナット可動式〉

承認図(標準仕様書)
アシバツナギ

お問い合わせ


クリックするとsales@iifas.jp宛てのメールを作成します クリックすると「問い合わせ」送信フォームにジャンプします
当ウェブサイトに掲載している情報・画像等を、当社の許可なく複製、転用等の二次利用を行うことは禁止します。また、製品は改良のため予告なく変更することがありますので、ご了承ください。

ページ上部へ